カテゴリ: 柑橘

イメージ 1
超極早生蜜柑の日南の姫



極早生蜜柑が早くも少し色づき始めてきましたよ。
一つ、もいで試しに食べてみましたが流石にまだまだ酸っぱくて
甘みは大分控えめだから美味しいとは言えないですが一応全部食べられました。

後一月位もすれば大分美味しく食べられそうです♪


柑橘類は隔年結果の品種が多くて↑の蜜柑も今年は少なめ。
他にも奈津美や津の輝きも少なめですがはるみは沢山採れそうです。


はるみ
イメージ 2




我が家付近では柑橘が一番育てるのが楽ですね。
農薬も要らず、手間も殆んどかかりません。気が向いた時に肥料をやって
雨が少ないと思ったら少し水遣りするだけです。


暖かい地域なら蜜柑栽培はお勧めです♪




↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

イメージ 1


極早生蜜柑の日南の姫の初収穫です。

まだ若干酸味が強めで一番美味しい時期と言う程ではないですが十分美味しくいただけます。





酸味はなくて甘いのじゃなきゃ嫌だ」というような方が食べるなら1週間くらい常温でそのまま保存して置いて、それから食べれば酸味も抜けて甘みも増して美味しく食べれると思います。
その代わり若干フレッシュさはなくなりますけどね。


これ位ずつが、あと4~5回は採れるだろうと思います♪

イメージ 2



蜜柑は隔年結果の品種が多い果実です。

今年は「はるみ」はあまり取れなくて日南の姫の他ですと津の輝きと奈津美が割と多いです。

津の輝輝きは年越し以降、奈津美は来年6月に収穫出来る予定です♪




↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

イメージ 1


待ちに待った柑橘類のはるみの収穫です。
これで7キロちょっとありました。
(ザルに入っているのは津の輝です)


はるみは今頃収穫で2月中旬位から食べ始めると甘くて美味しいらしいです。

試しに一つ食べてみましたが、やはり酸味が強くって甘さは今一つな感じ。
もうちょっと我慢して甘さが程良く乗ってきた頃に食べるのが一番美味しくいただけそうです。




まだまだ小さな樹ですからちょっと成らせ過ぎかと心配なので今度の収穫はちょっと控えめにしようかと思っています。







↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

イメージ 1

まだ新しい品種と言って良い我が屋の「津の輝」は今年は20個くらいが色づいて、もうじき収穫することが出来そうです。

この樹も本当に育て易くって、気が向いた時に化成肥料をパラッと撒いてあげるくらいしか手を掛けた記憶がありません。



ともかく初めて口に出来ると言うことで今から楽しみにしています♪
まだ、当地辺りでは市場に出回ることは無い品種だと思います。





イメージ 2

はるみ


柑橘で今年一番豊作なのが「はるみ」という品種です。
こちらは一つ一つが大きくて目方にしたら↑で紹介した津の輝の倍位の重さがあるんじゃないかと思います。

こちらは津の輝の倍の40個くらいは取れそうで、重さが倍だから重量だと8倍くらい取れることになりますね。

こちは既に何度も食べて美味しい事が分かっているので家族も楽しみに待っています♪










↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

イメージ 1


9月でも収穫できると言う極早生品種の日南の姫。

勿論、9月に食べても良いのですが11月まで樹上においておくととても甘くなるということで9月に少し食べただけで残しておいた蜜柑です。


やはりかなり甘くなっていましたね。

9月の頃はやはり少し酸味が勝っていたように思いましたが、今回はとっても美味しくいただきました。
こんな風に樹上において割と長期間に渡って好きな時に食べられるというのも良いですね♪



まだ20個位残っているのでもうちょっとは楽しめますよ。



蜜柑栽培は気が向いた時に肥料をやって、夏場、あまりに乾燥が激しいような場合だけ水遣りしてやれば大体収穫できるので簡単で良いですね。
暖地では一番手軽な果樹だろうと思います。

暖地の方にはお勧めですね。








↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

↑このページのトップヘ