カテゴリ: 山芋

イメージ 1



今年も竹の子掘りに出かけました。

↑は今日の分





14日の今年の初物が↓こちらです


イメージ 2





14日に1本だけしか見つからなかったけれど今日はもうちょっとは採れました♪



畑で取れているエンドウと一緒に竹の子ご飯にしましたよ

竹の子ご飯、まいう~(笑。

イメージ 3






我家のは晩生らしくて毎年、5月中旬以降にポコポコ生え始めてきます。
何回か収穫して塩漬けしておけば1年中食べられます♪







↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note


↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹


4月2日に始めたホワイトアスパラ作りですが無事収穫にいたりました。
というか収穫が若干遅れていたようで1本は被せてあった一斗缶の天井につかえてやや曲がってしまっていました(笑。
イメージ 1


イメージ 2





今年初めて挑戦する山芋の竹を半分に割った樋状のもので栽培する試みですが、とりあえず今日は竹のハーフパイプを埋めてきました。

竹の節も一応取り除いてはいるのですが若干出っ張りがあったので、そこを滑らかにするために埋めるときにはビニールを被せておきました。

1本目を埋めているところ
イメージ 3



3本目を埋めているところ
イメージ 4



6本埋め終わったところ

通路に若干はみ出してしまったのは内緒です(笑。
イメージ 5



このあともう少し埋めて竹の樋に収まるように種芋を置くわけです。

初めてなんでうまくいくかどうが楽しみです♪







宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note


↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹




今日も1日なんだかんだ庭で菜園関係のことをして1日過ぎてしまいました。

今日のメインの作業は山芋栽培のための竹作りで普通は塩ビパイプを使うようだけれど我が家では竹で代用です。
とりあえず4本を割って8本樋状のものを作りました。
ハーフパイプと言った方がお洒落かな(笑。
イメージ 1




太目の竹を半分に割って節を抜いて其処に山芋を這わせるという仕組みです。
這わせるといっても地中に潜ろうとしている芋を竹の中で斜めに導くということで掘り易くするわけです。

この際、「どの程度まで斜めにして良いか?」というのが大問題だったのですが今日、ネットで調べたら良いHP↓がありました。
長芋栽培方法
というHPよると最も平らに近い場合は10度程度寝かすだけでも大丈夫みたいです。
(HPによって若干バラつきがあって20度とするところもありました)
かなり緩やかな傾斜なので40cm程度掘れば1mちょっとのパイプが埋められるということになります。

それから1本1本をそれぞれ埋めるとかなりの場所が必要になりますが一般的にこうした樋状のものを利用する場合は少しずらして重ねるように並べても大丈夫みたいです。
それならハーフパイパイプが入る幅の溝を1本掘るだけで済むのでかなり作業が楽そうだということも分かりました。
イメージは↑のHPで分かると思います。



ついでにサトイモの仮植えもやりました。

今年植えるサトイモと山芋です。

京芋と山芋
イメージ 2



赤芽と八つ頭
イメージ 3






宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note


↓1日1回クリックおねがいします。
ブログ村ランキング・野菜果樹

こちらからのファン登録は人数制限が掛かってしまったのでお返しの登録は出来ませんがご容赦ください。



竹取りにいってきました。


なるべく太い竹を探します。



一番太いので直径11~12cmくらいです。

長さは1mちょっとで切りました。

イメージ 1



読者の皆さんは

「そんな竹を取ってきてどうするんだ?」

と思われているのではないですか?


こんな風に加工します。
イメージ 2






もうお分かりの方もいるかと思います。

来年の山芋を作るときにこれを使おうと考えて取ってきたものでした。

塩ビパイプとかを買えば済むのだけれどケチなんで何とか只で済ます魂胆です(笑。

6本あるし必要ならもっと取ってこれるので農業資材店で売っているものも参考にしたりして他のタイプの加工も考えようと思っています。




竹を探す際に出来れば光り輝いているものをと思いましたが流石にそんなのはありませんでした。

かぐや姫はいなかったようです(笑。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note

まだ少し早めなのですが後作のこともあって来年の種用に育てた山芋を堀上げました。






去年はコンテナだったのですが今年は波板を使って畑でつくっていたものです。
イメージ 1







少し早かったこともあるのですが管理が悪くて去年よりは随分サイズが小さくなってしまいました。
イメージ 2









これは来年植えつけて2年育てて収穫します。

もともとプチ山芋ということであまり大きくならない山芋のようです。







2年目の山芋は1斗缶の蓋と底を抜いた筒状の容器に土を入れて育てています。
そちらはもう少し葉が枯れてから収穫の予定です。






跡地には極早生玉葱植えました。









宜しかったらこちらもご覧ください

↑このページのトップヘ