イメージ 1


我が家で今年育てた赤い花の砂糖エンドウという品種。


普通は鞘食エンドウですが、成熟しすぎた場合には豆食としても食べられます。
普通の実取りエンドウよりは若干お豆が小さいですが・・。


そんなお豆で炊いたご飯。
冷蔵庫で保存した後レンジで暖めなおしたら赤いご飯になりました。(正確にはピンクかな)


エンドウでこういう性質で有名なのがツタンカーメンエンドウですが、同じく赤い花が咲く品種なら程度の差こそあるにせよ似ている性質があるようです。


この豆のご飯を炊いてジャーで保温しておけば12時間くらい経過したら大分赤くなると思います。









時無しニンジンは芽が出揃って、とりあえず出だしは好調です。

この先トウ立ちとか心配ではありますが・・・・。


イメージ 2






三季蒔きの大根も大分大きくなってきました。

こちらもトウ立ちが心配ですが(笑)

イメージ 3








今年のトマトは大玉の方も二本仕立てにしています。

例年は中球だけを二本仕立てにしてました。


イメージ 4



我が家では、ついつい追肥をやりすぎるので二本仕立てにしておけば樹勢を抑えることも出来ますし、ついでに二本になった分、収穫量も増えますからね。













宜しかったらこちらもご覧ください

ブルーベリーの栽培と育て方のMYHP
BlueBerryNote
ブルーベリーの栽培と育て方の専用ブログ
BlueBerry Note