2007年02月

部屋の窓辺で育てているトマトですが、大分色づいてきました。




イメージ 1







丈の方も180cmを超えています。
イメージ 2




週末には収穫できそうです。




(アスパラ菜、ブロッコリー、スイカの芽も写っています)

サザンハイブッシュ系品種がどんな地域まで栽培が可能なのか?というお話です。



アメリカ合衆国のブルーベリーネットショップとかでは
それぞれの品種に栽培可能地域が明記されているものが多いです。


1~10で表記されているのですが、その数値は
The United States Department of Agriculture (=USDA) において
気温の違いによって1~10の地域(Zone)に分けたものです。
アメリカでの地域分けのマップは↓こちらのページのボタン、
USDA Plant Hardiness Map
本家は↑ここですが↓こちらの方が分かりやすいみたいです。
The New USDA Plant Hardiness Map


該当ブルーベリーが1~10の中でどの地域が栽培に適しているかを示しています。
(数が小さい程寒い地域で1が最も寒い地域、10が暑い地域です)


MYHP(BlueBerryNote)から切り取って貼りました。
ブルーベリー栽培可能地域←こちらではA~Hもリンクしてあるので
データソースもご覧いただけます。
イメージ 1











































オニール・サンシャインブルー・ミスティー・ケープフィアあたりが
比較的耐寒性に優れているようです。

シャープブルー・サンシャインブルー・ミスティーなどが10まで可能となっているので
耐暑性が強く、これらが沖縄でも栽培可能な品種ということになりそうです。

因みに多くのラビットアイ系は7-9です。



(おそらく日本では本州の暖地が8~9で沖縄が10のZoneではないかと思われます)



ノーザンハイブッシュ系・ハーフハイ系・ラビットアイ系も近日UP予定です。

作業

種まき
パープルインゲン
トウモロコシ(ゴールドラッシュ第二段)
ニンジン(時なし五寸)
春蒔き大根

実取りエンドウコンテナに植え付け

椎茸ホダ木1本だけ浸水

苺人口受粉(この時期の花がどうなるか分かりませんが一応やっておきました)




実取りエンドウコンテナに植え付け
イメージ 1




椎茸ホダ木浸水
イメージ 2




苺の花
イメージ 3









特記

発芽
ルバーブ・トウモロコシ(ゴールドラッシュ)
屋内のトマトわずかに色づき始める
タラの芽膨らみ始める
ワケギが葱坊主をつける



ワケギの葱坊主
イメージ 4









収穫
白菜1個
スナックエンドウ
ブロッコリー
水菜
苺4個(最近は小さいです)


水菜はちゃんさんを真似して随分バッサリ刈りました。
イメージ 5

トンネル栽培の苺の花が咲き始めました。

今の時期に咲いた花が結実し収穫に至るかどうか分からないのですが

とりあえず人工授粉しておきました。
イメージ 1


屋内の苺は調子を崩しているものが多く収穫も小さなものが増えてきました。

春の収穫ため1本だけ浸水してみました。

ポツポツと発生し始めています。

イメージ 1

もう1本の方は時期をずらして浸水の予定です。

↑このページのトップヘ