2006年05月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

最近のトウモロコシの成長は著しいものがあります。
1番上の写真は5月21日の写真
2番目は5月28日です
毎日数センチ単位で成長しているようです。

トウモロコシの丈が伸びるのはうれしいのですが風対策(特に台風)は毎年悩まされます。
今年はどうしようかと思案していたらおばあちゃんが1本ずつに添え木を立ててくれました。
3枚目の写真は右側のやや上から撮った写真で添え木の具合も分かると思います。
台風直撃には持ちこたえられるか心配ですがそれ以外なら株が倒れることはなさそうです。

トウモロコシは大好きなのでもう1箇所トウモロコシを育てることにしました。
1ヶ月くらいずらして種まきして植えつけたのが一番下の写真です。

イメージ 1

イメージ 2

ティフブルーの実がほんのり赤みを差してきました。
ラビットアイ系の名前の由来はその実が青くなる前に一旦
ウサギの目のように赤くなるからだそうです。

昨日、写真を撮ろうとして気がついたことがありました。
葉に隠れている実も写真に撮ろうと葉を避けてみたら
隠れていた実は赤みがあまり差していませんでした。
この段階での色づきには日光が関係していることが分かります。

そもそも植物がアントシアニン生成するのは
日光の紫外線から守るためと聞いたことがあるので
そのあたりも関係しているのかもしれません。

アントシアニンを多く含んだブルーベリーを食べたかったら
実にも日光を沢山当てた方が良いのかも知れません。

上の写真の真ん中あたり、数粒の実が葉に隠れています。
下の写真ではその葉を実の下に避けました。
葉に隠れていた実は赤みが差していないことが分かると思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

瓜科5種の様子です
写真順に
ズッキーニの一番花が咲きました。
スイカも一番花が咲いています。
キュウリも雌花をいくつか付けています。
ニガウリはアバシとスーパーで買った実の種からのもの(去年育てて種を取りました)
一番下の写真の右の苗は夕顔(かんぴょうの材料)です。

イメージ 1

イメージ 2

オニールの実が色づいてきて収穫まであと少しです。
(この苗には一粒だけ実を成らしました)

ダローの実も1.5僂らいになりました。

最近は日照不足でしたが午後から日がさし始めてほっと一安心です。

イメージ 1

去年芽を出したミニトマト(親株のレッドオーレはフルーツトマトとして売られていました)
やっと色付いてきました!
半年以上手をかけてきてやっともうじき収穫です。
確かに室内で芽を出させれば早いことは早く収穫できるようです。
といってもホームセンターなどで売っている苗もかなり大きくなっていて
おそらくこの実が収穫できた後、程なく収穫できそうです。
楽しみながら育ててきたから良いのですが
やはり苗を買った方が断然いいですね┐('ー` )┌

↑このページのトップヘ